松葉医院長紹介
院長プロフィール
松葉 育郎 (IKURO MATSUBA)
昭和53年、東京慈恵会医科大学卒業後、同大学院を経てハゲトロン研究所(デンマーク)研究員、同講師、国立東宇都宮病院内科部長、総合川崎臨港病院内科部長を経て、平成3年に松葉医院を川崎市にて開業。
日本糖尿病学会 専門医、評議員
日本内科学会  認定医

日本糖尿病協会関東支部理事

川崎糖尿病懇話会 幹事
神奈川糖尿病医会 幹事
東京臨床糖尿病医会 幹事
全国臨床糖尿病医会 理事
神奈川県内科医会常任幹事
神奈川県内科医会糖尿病対策委員会委員長
とうゆうニュース編集委員長

さかえ 編集委員

聖マリアンナ医科大学 非常勤講師 
平成6年4月に地域の医療スタッフの為に、川崎糖尿病懇話会を設立。

糖尿病患者の治療に対しては、むしろ糖尿病を専門としていない医師への情報提供が大切ではないかと考え、年2回の予定で糖尿病医療の直面している多くのテーマを取り上げています。