糖尿病についてのページ

糖尿病とは?診断・病型

現在、日本全国で糖尿病患者は約740万人(予備軍も含めれば1620万人)いると言われています。40歳以上では10人に一人が糖尿病という割合です.しかも、その半分以上のかたは治療を受けていません。検診で血糖値が高く、糖尿病を疑われても、自覚症状があまりない病気のため、治療を受けていないかたが多いいのが日本の現状です。しかし症状がでなくても、糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症をひきおこします。糖尿病の本当の恐さは、この合併症なのです。糖尿病に一度なってしまうと、治すことはできません。適切な血糖コントロールを行い、生活習慣を改善し、一生、糖尿病と上手につきあうことが必要となります。なによりも、まず、正確な知識を持つこと、糖尿病を知ることが大切です。(表1)

人の血液中のブドウ糖濃度(血糖値)は、正常であれば常に一定範囲内に調節されていますが、この血糖値が病的に高まった状態を糖尿病といいます。血糖値を下げるにはインスリンというホルモンが関与していて、インスリンが不足すると糖尿病になります。従って、糖尿病は、糖分の取りすぎが原因と誤解されていますが、インスリンを作る膵臓の機能とインスリンの作用の低下が原因です。

血糖値が異常に高ければ糖尿病と診断されます。毎年定期的に尿糖、血糖値を調べることは中高年にとって特に重要です。空腹時血糖値は126mg/dLより高ければ、また、食後でも200mg/dLより高ければ糖尿病と診断できます。糖尿病が疑われた時は、経口ブドウ糖負荷試験による精密検査が行われます。

糖尿病には1型と2型がありますが、日本では2型糖尿病の占める割合が9割以上と圧倒的に多いことが知られています。2型糖尿病の発症には食生活が深く関与しており、高脂肪食を続けて食べ、さらに運動不足、肥満などから発症すると考えられています。これは1型糖尿病,その他の糖尿病,妊娠糖尿病と違って明らかな原因は不明ですがインスリンの作用不足・分泌低下が関係していると考えられています.生活習慣の変化によって患者はどんどん増えつつあり,高血圧や肥満症や高脂血症と並んで生活習慣病と呼ばれています.過食・運動不足・肥満になるとインスリンが効きにくくなり(インスリンの作用不足)徐々に血糖が上昇します.一方、1型糖尿病の症状は突然、劇的に始まります。糖尿病性ケトアシドーシスと呼ばれる状態に急速に進行することがあります。糖尿病性ケトアシドーシスの最初の症状は、激しいのどの渇きと頻尿、体重の減少、吐き気、嘔吐、疲労です。インスリン注射による速やかな治療が必要です。

はじめは無症状からはじまる

糖尿病は、その合併症の多さ・重篤さでも放置できない病気です.ただ糖尿病あるいはその疑いがあると分かっていても精密検査・治療を受けない方がたくさんいるのも事実です.まず血糖が上昇すると血漿浸透圧が上昇し,のどの渇きが生じます.また尿に糖が排泄されるようになりその際,水分も排泄されやすくなり尿量が多くなります(尿の回数の増加).それらに伴い大量の水分を摂取するようになります.のどの渇き、多飲、多尿、感染症、皮膚病といった症状が高血糖がつずけばでてきます。こういった症状により糖尿病と診断されることは少なく,患者さんによっては症状がなく、健診で初めて発見される例が多く認められます.特に2型糖尿病では本人が糖尿病に気づきません。無症状、無自覚で尿糖がでるというかたちで見つかります。「糖尿病予備群」という言葉を目にする機会も増えています。これは、糖尿病になる準備が整いつつある人たちという意味。まだ糖尿病と診断はできないけれども、そのままではいずれ糖尿病になる確率が高いリスクがあるということです。そして糖尿病予備群は糖尿病のほかにも多くの生活習慣病を、併発していることが少なくありません。

糖尿病にならないために

誰もが、早く簡単に糖尿病(予備群)のチェックができる方法はあるのでしょうか?それは自己検尿です。尿験試験紙を薬局で購入することができます。一家に一瓶の検尿テープがあれば、簡単に家族の尿糖チェックができます。テープを尿にひたすだけで、色がかわれば糖尿がでています。肥満は大敵です。体脂肪計つきの体重計を1台購入しましょう。標準体重へちかずけるための努力が重要です。そのためには、食べること、体を動かすことに注意が必要です。食事では、体格、仕事量に見合ったカロリーにとどめ、特に脂質の多いい食品は避けましょう。このほか、ビタミンやミネラル、食物繊維などがバランス良くとれるように配慮が必要です。食物繊維は野菜類のほか、海藻、豆類、大豆製品(おから、納豆)、果物などにも含まれています。食物繊維は腸の中で糖質の吸収を遅らせる働きがあり、治療に役立ちます。食事の回数は、1日3回均等に食べるようにします。また、間食やお酒も1日の総エネルギー量の計算に含める必要があります。運動は日常生活の中でできること、1日1万歩を目指してがんばりましょう。歩くだけで十分な効果が期待できます。さらに、ゴルフ、テニスなどの趣味があれば完璧です。有酸素運動が脂肪燃焼に有効です。うっすらと汗をかくくらいの、やや早足で歩くと効果的です。1日2回、1回に20〜30分程度1分間に約80mの速度が目安になります。脈拍では、1分間に100以上で、最高限度は180〜年齢を引いた数になるくらいが目安です。例えば、40歳の人なら、脈拍が140になるくらいを最高限度にした運動を、からだを慣らしながら行うとよいでしょう。

表1.

糖尿病にかかりやすい人

・近親者に糖尿病患者がいる。
・一度の食事で大量に食べるくせがある。
・食べ物の好き嫌いが多い。
・食事時間が不規則。
・外食が多い。
・肉類・脂っこい料理が好き。
・清涼飲料水をよく飲む。
・アルコール類を毎日大量に飲む。
・肥満している。
・ふだん運動はほとんどしない。
・強いストレスを感じることが多い。
・よく夜更かしをする。
・高血圧である。
・高脂血症である。

中小企業向け機関紙、2006年掲載

メニューへ戻る